株式会社 CROSS SYNC | 医療における情報共有を加速させる

【プレスリリース】2.8億円の資金調達を実施しました。

株式会社CROSS SYNC(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:髙木俊介・中西彰、以下「当社」という。)は、株式会社アイティーファーム 、 株式会社日本政策投資銀行、 株式会社アルム( DeNAグループ) 、 横浜キャピタル株式会社(横浜銀行グループ らを引受先とする第三者割当増資により総額 2.8億円の資金調達を実施したことをお知らせします。 今後、 2023年 6月までを 目途に追加クロージングで資金調達を実施する予定です 。

当社はこれまで、「 ICU Anywhere」をビジョンに掲げ、集中治療専門医が不足する医療現場において、「医療安全 と 質 の 改善」「現場医療 と 遠隔 ICUスタッフ の 負担軽減」 を 目指 し て、 重症患者管理 アプリケーションを開発 して まいりました。 2021年 3月の資金調達以降 には 、公立大学法人横浜市立大学とともに、横浜市立大学附属病院において、重症患者管理アプリケーションを用いた実装研究(※1)を開始、さらには本年 2月に更なる事業推進のために経営体制強化を実施しており、今後の製品開発や販路開拓による本格的な事業化に向けた取り組みを加速 してまいります。

この度調達した資金は 、 「 重症患者管理アプリケーション 」 の開発および採用・組織体制の強化に充てる予定です。 本アプリケーションの製品化に向けてスピード感をもって開発に取り組むとともに 、急性期医療現場の医療従事者にとってより使いやすく、一層の労務改善に繋がる有効的な研究・開発に取り組んでまいります。

【プレスリリース】株式会社CROSS SYNCは2.8億円の資金調達を実施しました。

※各社からのプレスリリースはこちら[

(※1) 実装研究に関する過去のプレスリリースはこちら

2023/4/7

ニュース一覧へ

z-library instant boost ai