株式会社 CROSS SYNC | 医療における情報共有を加速させる

弊社代表がウズベキスタン国営放送にて取材対応いたしました。

弊社代表・髙木がウズベキスタン国営放送にて取材対応いたしました。

世界と同様にウズベキスタンでも残念ながらコロナの感染者数が増えていっています。
7千を超えました。
弊社代表のインタビューはウズベキスタンの国営テレビUzbekistan24で放送されました。ウズベキスタン外務省付属Dunyo通信社のWEBサイトとSNSにて掲載されました。(ロシア語とウズベク語)

Узбекистан оперативно и быстро предпринимает необходимые меры по борьбе с новой коронавирусной инфекцией
(ウズベキスタンは新しいコロナウイルス感染と戦うために必要な措置を迅速かつ迅速に講じます)

東京、6月19日。
これは、横浜市立大学クリニックの集中治療室長である日本人専門家、高木俊輔、Dunyo特派員報道の意見です。

「今、日本の人々は新しいコロナウイルスに感染するリスクを高める環境を作らないようにしています」と彼は言います。 -医療機関は、重度のコロナウイルス感染患者のベッド数を増やすために必要な対策を講じています。日本では、集中的な蘇生と治療のためのベッドの数は、10万人の魂あたり5です。この数値は、米国およびヨーロッパ諸国よりも大幅に低くなっています。

ウズベキスタンは、新しいコロナウイルス感染と戦うために必要な対策を迅速かつ迅速に実行します。しかし、長期検疫を継続することは難しいと思いますので、より感染したコロナウイルスを受け入れ、医療を提供できる医療基盤を強化する必要があります。

コロナウイルスの蔓延による苦境を踏まえ、社会・教育・医学の新しいシステムをつくっていかなければなりません。日本では、オンライン会議の導入や遠隔診療など、医療改革が進んでいます。

日本集中治療学会、日本救急医学会、日本呼吸器学会は、ECMOnetと呼ばれるCOVID-19感染症ホットラインセンターを設立しました。

センターは現在、コロナウイルス感染症に苦しむ人々を救う上で高い有効性を示しています。日本の様々な医療機関の優秀な集中治療専門家が24時間体制で働いています。

※機械翻訳

ウズベキスタン国営放送局のFacebookページにて(ロシア語とウズベク語)
https://www.facebook.com/watch/?v=282702912846762

2020/6/29